KoschyExpress

Vol.15 Unityで電車を走らせる【複線線路の追加】

「Unityで電車を走らせる」第15回目です。

前回は、これまで作成してきたものを約 1/2 縮小し、サイズ感を整えました。また、追加でポイント線路を作成し、レイアウトの変更を実施しました。

前回の動画はこちら

 

今回は、前回の延長線上のような内容になりますが、複線用の直線線路と曲線線路を作成し、レイアウトを複線化してみたいと思います。また、複線化にともない、車両を一つ追加してみましょう。といっても、これまで使っていたものの色違いですので、簡単に作成することができます。今回の変更点は次の通りです。

 

<今回の変更点>
・複線用の直線線路と曲線線路の作成
・レイアウトの複線化
・(色違いの)車両の追加

 

それでははじめに、複線用の直線線路と曲線線路を作成しましょう。複線用の直線線路は、第 13 回目の時に作成した 1 面 2 線の島式ホームを流用します。単純にホーム部分を削除するだけなのでとても簡単ですね。

詳しい方法は第 13 回目の動画をご参考ください。

また、線路がペアになっていることがわかるように、線路と線路の間に色をつけてみました。

 

次に複線用の曲線線路の作成です。曲線線路を複線化するため、外側にもう一本曲線線路を追加しましょう。もちろん作り方はオリジナルの曲線線路と同じで、内側の円弧の半径 を 9.5 と外側の円弧の半径を 10.5 にしました。

こちらも線路の間に色づけをしています。作成の方法は以前の動画をご参考ください。

これで複線用の直線線路と曲線線路は完成です。

 

次に、レイアウトを複線にしようと思いますが、その前に色違いの車両を先に追加しましょう。ちょっと派手な感じにしたいので、ボディは赤(#CC3322)、帯を白(#DDDDDD)にしてみました。

レイアウトについては、単純に楕円の複線レイアウトにするだけではつまらないので、少しだけ変化をつけてみました。あと、おまけで地面に芝生の Texture を貼り付けてみました。

走行動画も作成しました。どうぞご覧ください!

地面が妙にリアルになった分、線路等の他の素材が陳腐に見えてきました。。。が、
レイアウトも大きくなり、車両も増やしたため、少しずつですが進歩してきているのではないでしょうか。それでは次回どうぞお楽しみに。